• 環境に優しい技術
  • 耐摩耗に強い破砕機
  • 破砕機刃物や減容機を使ったRPF

RPFって?

RPFは主に民間企業から排出された廃プラスチック類や紙類などを原料とする固形燃料です。

英語で「Refuse Paper & Plastic Fuel)」といい、略してRPFといいます。

似たような言葉で、一般家庭から出た廃棄物を原料として作られる固形燃料をRDFといいます。
英語で「Refuse Derived Fuel」となっています。

一般家庭ではゴミの出し方の基準が個人によって曖昧なので原料の質は、民間企業からの方が良いようです。

産業廃棄物が固形燃料として再利用されることによって、資源の再利用ができCO2排出量の削減にもつながります。きわめて環境に優しい技術となります。

私たちが日常的に出すゴミもRDFとして、再利用されていますので他のゴミが混ざらないようはっきりとした分別が必要となります。容器などはきれいに洗って乾かしてから出すようにしましょう。

より質の高い原料にすることができるよう、ちょっとした協力をすることも大切です。

素晴らしい技術や良い機械があっても人の目に触れなければ意味がありません。

当サイトはたくさんの人に知られることを目的に作成しております。

スクラバーの効果は急激に出る

あまり利用していなかった工場が、導入していることで一気に変わる可能性もあります。スクラバーの場合は、取り付けて機能させられるようになっていれば、相当な効果を得られる可能性があるためで、一気に空気を変えてくれます。

求めている効果をしっかり発揮してくれるようなら、それはすごくいいものと考えてください。あまり効果がなければ、そもそもスクラバーなんてつけられていないはずです。つけられている状態は、当然いいからこそ行われているので、高い効果がすぐに出ると思ってください。そして導入を検討するなら、取り付ける場所も大事です

スクラバーの該非判定書をもらう

スクラバーを海外に輸出するためには該非判定書と呼ばれる書類が必要になってきます。該非判定書は「これは、この機会は武器に使用されるものではありませんよ」と示すための書類で、機械を海外に送付する時には通関で求められることが多いです。

そのため事前に用意しておくのが一番スムーズだと思います。特に急ぎで送付したいような場合には、発注と同時に頼んでおいた方がいいでしょう。(この書類は作成されて、手元に届くまで以外と時間がかかり、業者さんからも2週間程度かかりますと言われることが多いです)一度発行してもらえば同じ書類を2度出してもらう必要はありませんので、しっかり保管しておきましょう。

スクラバーの設置を考える

大きな工場にとってスクラバーを設置することが、環境の対策ともなり非常に大切なことになります。企業については、環境の問題に関しての考え方や取り組みなどが評価されることにもつながりますので、設置を行う事は必要不可欠だと言えるでしょう。

もし、大きな工場がスクラバーの導入を行わなければ、有害な物質であったりそのガスが大気に排出されることとなります。その行為によって深刻な環境の問題に発展してしまう可能性もあります。国や自治体などでは環境についての基準を定め、その基準について守られているか確認を行っていくことが重要となってきます。

スクラバーは問題なく動作していることを確認

動作しているような状況がしっかり作られないと、スクラバーの効果を得られなくなってしまいます。高い効果を持っているのは間違いありませんが、正しい効果をしっかり発揮してくれないようでは厳しい部分もあります。

いい効果のためには、スクラバーが正常に動作していて、しかも高い効果が常に発揮されていくような状況であることが大事になります。そこで考えていくのが、定期的にメンテナンスをしていく方法です。業者の方にお願いするようにして、とにかく多くの検査をしてもらい、正しく動かせるようにしておきます。これができていれば大きいです。

化粧水の効果も上がるスクラバー

日頃、洗顔後に化粧水を使っていたとしても、効果が実感できないと感じませんか?アルコール分が含まれている化粧水は、肌に浸透する前にアルコール分で揮発してしまうので、浸透していると錯覚してしまうと言います。

そんなアルコールを含む化粧水でも、エステサロンで使われているスクラバーを使うだけで、美容成分が肌の奥深くまで浸透します。これには、スクラバーから発生する超音波によって、美容成分が浸透しやすくなり、結果として肌の深部まで染み渡ります。安い化粧水を使っていたとしても、この機器を使うと効果が違ってきます。

ページトップ