• 環境に優しい技術
  • 耐摩耗に強い破砕機
  • 破砕機刃物や減容機を使ったRPF

耐摩耗に強い破砕機刃物とは

RPFを製造する時は、まず原料となる廃プラスチックや紙類を破砕しなければいけません。

破砕機刃物は、摩擦に伴って刃物の表面が少しづつ減っていったり、損傷することがあり、性能を低下させ破砕機の使用寿命を短くするおそれがありますので、耐摩耗性が強く要求されます。

そのためには刃物材質の的確な選定と熱処理技術が必要になります。

耐摩耗とは、機械などで相対して動作する二つの部品が稼働することにより、すり減りにくい性質をいいます。破砕機は、特に原料の固さにもよって削れたり傷ついたりしてしまいやすいですので、耐摩耗である必要があります。

とはいえ、完全にすり減らない耐摩耗性の物などないので、定期的に点検をしたり、部品の交換が必要になります。交換する際は、新しい商品を試してみるのも良いかもしれないですね。

これからも、新しい耐摩耗の研究開発が進んで行くと思いますので、さらに驚くような大きな破砕機などに出会える日がくるかもしれませんね。

たくさんの原料を一気に処理できたら、さらに安く固形燃料を提供することができ地球温暖化を防ぐ助けになるといいですね。

スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ