• 環境に優しい技術
  • 耐摩耗に強い破砕機
  • 破砕機刃物や減容機を使ったRPF

微生物の力を活用したスクラバー

大気などの環境を保護しながら業務を進めるためにマストとなっている事も多いスクラバーですが、実は機械の中で微生物が大活躍している事もあります。スクラバーにおいて、微生物が臭気の原因となってしまっている有機物を分解してくれるというシンプルな仕組みの物もあります。

しかし、スクラバーはいろんなシステムの物がありますので、微生物を活用しない物も多く存在します。スクラバーといえば大きな機械で複雑そうに感じる事もあるかと思いますが、内部は意外にも単純な仕組みとなっている事もある様ですね。

微生物を利用したスクラバーはたくさんあり、さらにいろんな脱臭法があります。内部の仕組みについても注目したいですね。

環境に配慮したスクラバー(排ガス洗浄装置)を見てみましょう

スクラバー(排ガス洗浄装置)をお探しの皆様、どのようなタイプをお探しでしょうか。大学等の化学研究施設、化学製品を扱う製造業など、使用用途は様々でしょう。排ガス洗浄装置と言っても数多くのタイプがありますが、着眼点の一つとして材質があります。排ガスというと高温過ぎる場合耐熱性を考慮した素材選びが必要になってきます。

そこでお薦めなのがステンレス製のスクラバーです。ステンレス製であれば耐熱性の観点から問題なく安全に排ガス洗浄処理が行えます。設備の素材選びは極めて重要であり、設備の延命の観点から見てもとてもお薦めですのでぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

スクラバーを海外に送る時には保険をかけよう

スクラバーを海外に送付したいと思ったら、いろいろと準備しなければならないこともありますし、準備もしなければならないのですが、その中でも見落としてしまいがちなのが保険に関することです。海外にものを送付するためには飛行機に乗せたり、船に乗せたりと場所を次から次へと移動させなければなりません。

しかし繊細な機械ですので、海外の荒い扱いで壊れてしまうことがないともいえません。そのためにも保険はかけておいた方がいいでしょう。もし普段からこういった仕事をしており、一括でAIR便に保険をかけているのあれば別途かける必要はありません。

さまざまなタイプがあるスクラバー

気になるにおいを改善するためにスクラバーの設置をおこなう人が多いなか、使用用途によって細かな違いが出てくるケースもあるようです。においによっても設置するものは変わってきます。スクラバーについては設置のコストがかかりますので、せっかくであれば効果的なものを設置したいですよね。

メーカーの担当営業マンに教えてもらうのはもちんのこと、ホームページなどで一覧を確認することで、残対的に網羅することができるでしょう。また、工場の設備として導入されていますので、他の導入現場を見に行ったりすることもおすすめです。

大きな役割を果たすスクラバー

スクラバーの仕事としては臭いなどを広げないようにすることが知られています。しかしながら、役割としてはそれだけでなく、空気のなかにあるホコリをとる役割も期待することができます。ほこり一つをとっても肺などに影響するかも知れません。

このようにスクラバーはさまざまな役割を果たしてくれています。導入コストがどうしても割高になってしまいますので、設備を導入することを渋る人もいることでしょう。しかしながら、導入することで人体や地球にとって、汚染を防止するだけでなくより良い環境を与えてくれますので、大きな役割であることがあげられます。

スクラバー関連

スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ