• 環境に優しい技術
  • 耐摩耗に強い破砕機
  • 破砕機刃物や減容機を使ったRPF

コインの製造に使用される超硬

日常的に手にするお金ですが、そのお金というのは偽装される様な事はあってはいけないので、その中に非常に高度な技術が盛り込まれている事もあります。

国や地域などによって通貨は異なりますが、それぞれの通貨を詳しく見てみると、非常に精密な構造になっている事でしょう。そして、破損などによって簡単に使えなくなってしまう様な事があってはいけませんので、強度なども求められます。

お金には紙幣とコインの2種類がありますが、コインというのはどうやっても割れたり、曲がったりする事はありませんね。非常に硬い物です。そんな高度のあるコインの打ち抜きを行うための金型としても超硬は活躍しています。

超硬がコインの製造に欠かせない様です。

金型として使用される超硬

私達が普段使用している工業製品には実にたくさんの物がありますが、その中には金型を使って作りだされた物というのはたくさんあります。

工場などで物を製造する仕事に携わっている人であれば、よく目にする事もあるかもしれません。実は金型として使用される事が多いのが、超硬と呼ばれる物です。

金型として利用するためには、内部にプラスチックなどの物質を溶かした状態でいれて、形を整えます。ですので、内部に入れるプラスチックなどが非常に高温の液体などの状態で金型の中に流し入れられます。

簡単に溶けてしまう様な物質であれば、金型として使う事はできません。
超硬は硬さが何よりの特徴だと言えるでしょう。

大活躍している超硬工具

日常的に使う製品そのものに使用されているというよりは、それらを製造する機械などに使用されている事が多い超硬合金は、あちこちで大活躍しています。

この物質は日本から遠く離れたドイツにおいて開発されました。
パリ万博にも展示され、それより前の1923年に誕生したそうです。

工具としてはハイスと呼ばれる物質もありますが、超硬工具の活躍の場は増えているみたいです。
何より使い勝手がいい様です。
もしかするとこの工具がなければ、今の様に工業は発展していなかったかもしれませんね。

産業に対して大きな影響を与えた物の一つだと言えるでしょう。

そして、更にこれからの産業分野においてもきっと活躍するでしょう。

ページトップ