• 環境に優しい技術
  • 耐摩耗に強い破砕機
  • 破砕機刃物や減容機を使ったRPF

スクラバーは種類があります

スクラバーは、多くの工場などで利用されている装置で、工場から排出される、チリや有害ガスなどを排除する装置です。洗浄塔とも呼ばれ、装置自体は縦長で筒状のとても大きな装置となっています。

有害ガスを排除する方法に種類があり、塔内部にアルカリ性か酸性の洗浄液を噴射し排気中の有害ガスを中和する温式と、活性炭などを使用し、高性能フィルターを通過させ、有害ガスを吸着させる乾式という種類があります。どちらのスクラバーもメリット、デメリットが存在しますので、どちらを採用するのかは、各工場によって基準が異なります。

スクラバーのシステムを知る

皆さんはスクラバーを知っていますか?主に工場などの現場にあり、大気の汚染をストップさせる装置で、排出が行われるガスに含まれてしまう化合物をなくすシステムになります。また、湿式の洗浄については処理を行うこととなる化合物を洗浄液で触れさせることによって、アンモニアや塩化水素などの水溶性であるガスの除去が可能になります。

また、この湿式の洗浄については、高い毒性をもっている水銀について効果的な除去が可能になります。乾式の洗浄については湿式の洗浄で除去し難い悪臭や有機の溶剤などを活性炭や吸着剤などを使って除去する流れになります。

スクラバーで環境に配慮しよう

環境への配慮をしっかり行わないと、失敗することも多くなってきます。今の時代は、環境に配慮していないことがわかってしまうと、行政指導を受ける可能性もあります。少しでも多くの外気に影響を出さないように、必要な設備はしっかりと整えていかないと駄目です。

スクラバーを使っていれば、そう簡単に変な空気が外に出てしまうこともありませんから、安心して空気を外に出せるようになるでしょう。そうした状況に持っていくためにも、スクラバーを利用することが多くなっています。工場には取り付けられている傾向がかなり大きくなっているのです。

業者の点検はスクラバーの質を高める

点検作業がしっかり行われていない場合、劣化しているところを見つけられないままとなり、自然に使っていく状況が悪くなってしまいます。少しでもいい状況にしたいと思っているなら、スクラバーを利用していくこととなります。基本的には、スクラバーの点検を正しく行ってもらい、質を高めてくれるようなら問題はありません。

定期点検が行われていますので、その点検内容に沿ってしっかりと使っていれば、問題が起きることもないでしょう。後は使い続けられるほどの余裕があるかどうかですが、1度取り付けておけば費用もそこまでかからないので安心です。

スクラバーは今後も多く使われる

利用されている状況が続いていかないと、実はいい効果は期待できませんし、改良などもしっかりできないままとなります。ある程度いい状態にしておきたいと思っているなら、スクラバーを更に利用されるようにして、取り付ける工場が多くなっていくように調整していかなければなりません。

当然そうした状況を作るためには、工場側の強力も必要になってきて、ある程度利用したいと思ってくれる人が増えてこないと駄目です。スクラバーの改良が行われれば、より設置しやすい状態となったり、利用しやすい環境に変わってくれるかもしれません。

スクラバー関連

ページトップ